a23787c363b380ef00bdd8aece84f622_s.jpg


わきの下のムダ毛処理


腕や脚のムダ毛のように一筋縄ではいかないのがわきのムダ毛です。

再生は速いため、処理に手間がかかります。

ムダ毛の向きや生え方もわきは様々ですし、顔のすぐ近くなのでまんべんなく処理するのも困難です。

わきの下を剃るために作られているシェーバーやカミソリを使ってわき毛の処理をしている人は多いようです。

ムダ毛の向きに沿って、毛を剃ります。

肌への負担が大きいので、一度できれいに剃るようにして、

剃り残しがあった場合はピンセットなどで抜くようにしましょう。

皮膚がカミソリの刺激に負けると、肌トラブルの原因になってしまう場合があります。


ムダ毛の処理に毛抜きを使うという人も多いようです。
カミソリと違って1本ずつ毛根から引き抜いていくため、再生までの周期が長くなるといいます。

ただし、皮膚への負荷が大きく、色素が沈着してしまう場合もあります。
皮膚のアポクリン腺や皮脂腺が、毛抜きによる脱毛の影響で活発化してしまうこともあります。

汗が多くなったりワキガの原因になることもあるので、腋毛が多い人は剃った方が良いと言えます。

ムダ毛を処理するための電気シェーバーは、様々な会社で製造されているようです。
ムダ毛の根本から剃ることができるので、電気シェーバーなら深剃り効果があります。

わき毛は処理せずにいるとむれて臭いの原因になることがあります。

どの方法がいいかは人によって違いますので、より自分に合う方法でムダ毛を処理しましょう。